dialogue, human and harmony

「対話」や「人間」についての気づき

河合隼雄に学ぶ、聴く姿勢

コーチングを習ったとき、傾聴には種類があり、集中的に聴き入ることと、全方位的に聴くことがあるという話を聞いた。

河合隼雄(1928-2007)は日本を代表する心理学者であるが、彼は後者の聴き方を基本としてクライアントに向き合っていたのだと思われる。
 
「細部ではなく全体を捉えること」、「そおっと聞くこと」、「全体に平等に注意を向ける」、「その人を本当に動かしている根本の「魂」を感じる」
など感覚的ではあるが、経験的には言い得ている言葉を残している。
 
例えば僕がいままでうけたコーチングでは、まるで仏と対峙しているかのような体験をしたことがある。その人の前に座っていると、するりするりと自分の口から言葉が出てくる。そして気づくと、その人は何も話していないのに、自分が何を考えているのか、何が課題なのか、何を求めているのかがクリアになり、力づいてくるという体験だ。
 
また、僕がコーチングにおいて人の話を聞いているときも、四言くらいしか言葉を出さずに場が終わる時がある。相手の中に答えがあることを信じ、見守っていることで、相手の中から自然と言葉が紡ぎ出されてくるのである。
 
コーチングをうけてくれた人から聞いた
「まさ(僕)に見られていると自分の内側を感じることができる」
という言葉もここでいう聴く姿勢を探究するヒントになりそうなフィードバックだ。
 
奥底にある何か見ようとするこちらの姿勢が、相手の意識を内側に向けさせ、自然と内観・内省の体験をもたらしているのだろう。
 
以下関連する箇所を、河合隼雄茂木健一郎の対談書籍『こころと脳の対話』より抜粋する。


河合 隼雄・茂木健一郎(2011).こころと脳の対話 新潮文庫
 
「私が部屋に入ってきた時、先生は、私の顔にも服装にも、全然関心を示されなかった」p161
 
「それだけじゃありません。先生は私の話の内容に、全然、注意しておられませんでした」p161
 
「何をしておられたかというのは、すごくむずかしいんだけれども、あえていうなら、もし人間に『魂』というものがあるとしたら、そこだけ見ておられました・・・」p162
 
「それが、僕がいまいっている、僕がやりたがってることなんですよ。その人を本当に動かしている根本の「魂」-これと僕は勝負している。こういう気持ちです」p162
 
「だから、そおっと聞いてないとだめなんですよ。言葉で、ワーッと動いていったりしないで。また、相手の言葉に動かされてもいけない」p162
 
「冷たいとか、あったかいとか、親切とか、一生懸命とかいうのと、まったく違う次元で座ってるんですよね。そういうふうに自分を鍛えてきたというか。はじめからできていたわけじゃないですけれど。」p163
 
フロイトの有名な言葉で、クライアントの人がこられて、お話を聞いているときは、「平等に漂える注意力をもって」といいます。英語でいうと、「フリー・フローティング・アテンション」」p175-176
 
相手のどこかに注意したらあかんというのと一緒で、全体に、平等に注意を向けている。そうしていてふっと気になるもの、それがやっぱり大事なんですね。そういうふうに考えたらいいと思う」p176
 
「そういう意味では、先ほどの話に戻ると、われわれは「中心をはずさず」に人と接するということを忘れてしまっているともいえますね。ある人のことを判断するのでも、その人の言葉や振る舞いに引きずられて判断しちゃったりしますよね」p191
 
「だから、そういう細部に飛びつかない、という姿勢がものすごく大事ですね。そうじゃなくて、その人を全体として見る。全体として見ていると、本当に人間というのはおもしろい。人間は誰でも、何をやらかすかわからん可能性をもっている。こう思いますね、本当に」p192

amzn.asia

雰囲気に触れる

4年前に対話をはじめ、2年半前にコーチングをはじめ、今年はいままで得てきた知恵や知識を言葉にする流れが来ています。

研究室の方では「オープンダイアローグ・パターン」という形で対話の知恵を言語化・体系化し、関わっているワークルの方では「コーチング&コミュニティマネジャー」の知恵を言語化・体系化していく予定です。

その流れの中でちょっとずつコーチングの知恵を言語化していきたいなと思ってます。
1対1の対話の中で相手に気づきをもたらしたい人の発見になれば嬉しいです。(^。 ^)
ちなみにこの言語化の形式は「パターン・ランゲージ」という知識記述の方法に乗っ取っています。


 

雰囲気に触れる

何となく伝わってくること。

1on1において、相手の話を聞いている。

 

▼その状況において

 

話の内容を理解しながら会話をしていても、相手自身に関する新しい発見は生まれてこない。

・普段人と会話するときは、話されている内容を理解して、そこに対して反応を返すことが多い。

・しかし、内容に関して質問を繰り返すのでは、話の内容は深まっても、相手自身に関することは深まっていかない。

・そうすると一人で考え抜けば到達できる気づきしかうまれず、相手自身に関する新しい気づきはうまれない。

 

▼そこで

 

話の内容以外から伝わってくる雰囲気や感覚を感じ取り、それを言葉にして返す。

 ・雰囲気が重いか軽いか、明るいか暗いか、澄んでいるか滞っているのかといったように伝わってくる感覚を感じとる。

・そして、「なんとなくこう感じるんだけど、どうかな」というふうに相手に伝える。

・また話を聞いている中で違和感を感じたり、引っかかるところがある場合は、相手の状態と話の内容にギャップがあるかもしれいないため、一度立ち止まって丁寧に言葉にして伝える。

 

▼その結果

 

・相手は自分自身の状態に関して気づくことができ、今の自分を丁寧に感じることができるようになる。

・そして、まだ言葉にできていなかった感覚を自覚できることで、本人にとって大切な気づきを得ることができる。

・このように自分の状態に気づくことができると、そこから考えやこれからの行動を深め直すことができる。

感覚と偶然性、頭脳と計画性

先日友人が主催する「鎌倉リトリート」というプログラムに参加してきた。
それは、感覚が開く体験を久しぶりに感じることができた二日間だった。
 
このプログラムは、
「森でひとりで過ごすこと」と「みんなで対話すること」が繰り返されるシンプルなものである。
森のリトリートを提供している株式会社森へに対する敬意、そして東京の人が気軽に森の中で内省できる機会をつくりたいという二つの想いからうまれたプログラムだ。
 
f:id:masafumi220:20171002155149j:plain
 
森に入り始めた時、
「カサカサ」と急にする音や「ブーン」と虫が通る音に対して、かなり敏感にビクッと反応している自分がいた
それは予想だにしない外部からくる刺激に対して、過剰に警戒心を示しいる心の状態のあらわれであったように思える。
 
けれども4時間、5時間と森に入っていると、だんだんとそういったことが気にならなくなる。
虫がすぐそばを通ったとしても、近くで物音がしようとも、穏やかにその存在を認知する自分があらわれはじめる。
「あぁ、そこに蚊がいるんだな」
「あぁ、左後ろの方で動物が動いているんだな、リスかな」
といったように。
閉じていた感覚がだんだんと開いていき、感じとれる世界がだんだんと広がっていくような体験である。
 
この体験を経て気づいたことは、
日常の中では「どれだけ世界をシャットアウトしながら効率的に生きようとしていたのか」ということであった
 
特にこの一ヶ月間はやることの量がとにかく多かった
そのため限りある時間の中ですべてのことを終わらせるために、無意識に合理性や計画性、効率性などを大切にして過ごしていた。
こういった行動論理によって無事こなせたこともある一方で、日々の味わいはまずまずで、人とつながる感じも希薄になっていた感覚は確かにあった。
 
そうすると、
相手の感じていることを汲み取りきれなかったり、
あんまり心が動かない味気ない体験が増えてきてしまっていた。 
 
気づいたら今回森に入り始めた時に感じたような、
ペースを乱すような不確定要素や予想外の刺激に対しては拒否する自分
が育っていたのだった。
 
f:id:masafumi220:20171002161135p:plain
 
まとめると今回の森における体験は、
頭を使って合理性や計画性、効率性などを重視していると、予想外の刺激や些細な質感を無意味なものとして拒否し、だんだんと味気なくなってしまう
ことの気づきだった。
 
そして裏を返すと、
日々が味わい深く、発見に満ち溢れたものになるためには世界に対する感覚をひらいて過ごすことが大切だ
ということに改めて気づいた。
 
今回森をはじめとした自然は、自分の感覚を開くために最適な手助けになってくれたのであった。